スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを開設いたしました。

あらたにブログを開設いたしました ↓

http://atelier413naoko.blog.fc2.com/

こちらにもぜひお立ち寄りください。
スポンサーサイト

皺/パコ・ロカ

ゲーム機など無かった頃の主な遊び道具といえばコミック本だったと思います。

友だちと貸し借りしあったり、新刊本が出るのが楽しみだったり。

今の子どもたちのゲームソフトと同じようなものですね。

本書もコミックですが、スペイン人の漫画家によって描かれた本書は、ワタシが子どもの頃に慣れ親しんだものとは全く違い、人生の黄昏期を描いています。

皺 (ShoPro Books)皺 (ShoPro Books)
(2011/07/29)
パコ・ロカ

商品詳細を見る


認知症の症状が出てきたエミリオは老人ホームに入居することになります。

相部屋となったミゲルは、他の入居者からお金をだまし取ったりしていますが、エミリオに対しては友好的であり、親切でした。

入居者の中には、夫婦で入居しながら認知症が進んで横にいる妻のことさえ分からなくなった男性や、車椅子をイスタンブール行きの列車と思い込んでいる女性、若い頃に陸上大会で獲得したメダルを常に首にぶら下げている男性など、老人ホームならではの人々が生活しています。

かつて銀行員だったエミリオは、老いに振り回されない生活を送ろうとするのですが、そんな彼にもアルツハイマーという病は容赦なく忍び寄ってくるのです…。



老人ホームならではのエピソードが絵と文字で展開され、笑わずにはいられませんでした。

しかし、読み進むうちに、筆者が読者に笑いを求めているだけではないことに気付きます。

エミリオの認知症が進んでいく様子が描かれたコマがリアル過ぎて、哀しいのです。

あとがきにも、筆者は老いていく人々に対する尊敬の念を綴っています。

だからこそ、認知症の老人のエピソードがただ笑いを誘うものだけでなく、人生の重みを感じさせてくれるのだと思います。



いくつか登場するエピソードのうち、ワタシが最も心惹かれたのは、認知症のモデストとその妻ドローレスのくだりです。

認知症のモデストは、いつも隣にいる妻ドローレスのことすらわからなくなっていると周囲の人には思われていますが、実際はそうではないのです。

他の人が認知できない部分で、モデストはドローレスを愛し続けているのです。

実は、愛情というのは言葉で尽くすようなものではなく、愛する人のそばにいるだけで幸せだと感じるもののような気がします。

夫婦とは、こうありたいですね。



エミリオとミゲルは「人生最後の日々をこの施設でただ眠ったり、ビンゴをしたりしているだけでいいのか?」と考え、施設を脱走します。

脱走をおしゃれに決めようと、コンバーティブルで。

しかし、屋根の無いコンバーティブルは老人には寒いんですね。

今は、燃費や収容人数重視して車を購入しているワタシですが、いつか運転できなくなる日が来ることを考えると、今のうちにハンドルを握ってみたいと思う車に乗っておいたほうがいいのかもしれません。

けれども、ワタシはコンバーティブルはやめておいたほうがいいように思います。

ハンドルを握ると(いや、握らなくても?)、凶暴になってしまうワタシが運転席で吐いている暴言は、密室だからこそ許されるものであって、決して白日の下にさらして良いものでは無いと思いますので…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

わたしの和探し手帖/岸本葉子

暑いですねー。

ワタシは「灼熱の京都(といっても過言ではないと思います)」に住んでおりますので、暑さボケした頭にもやさしいものを、と思いまして、今回は淡々とした日常を描かせたらピカイチ(だとワタシは思っています)の人気エッセイスト 岸本葉子サンのエッセイです。

本書は、筆者が様々な「和」ものを探求しています。

わたしの和探し手帖わたしの和探し手帖
(2010/10/22)
岸本 葉子

商品詳細を見る


筆者が和の宝庫である骨董市を散策した様子や、究極のエコバックともいえる風呂敷に目覚める姿など、いくつかの章にわけて「和」ものに対しての筆者の思いが描かれています。

その中で、ワタシが最も興味を持ったのが「ぬか床をそだてる」でした。

ぬか漬けを始めようと思った筆者が、インターネットで調べたり、母親の作っていたものの記憶をたどったり、ぬかを購入したお米屋さんで指南を受けたりする姿が描かれています。

実はワタシもぬか漬けをつけています。

といっても、母から受け継いだぬか床を大切に育てているといった立派なものではなく、冷蔵庫で漬ける簡易ぬか床なのですが。

そんな簡易なものでも、ぬか漬けを始めると、奥を極めたくなるものなんですね。

においを嗅ぐことで、ぬかの状態をチェックしているワタシですが、筆者によると舐めてみると、よりよくわかるそうです。

「食べるラー油」など様々な「ごはんの友」が登場していますが、ごはんを主食とする日本人の究極の「ごはんの友」はぬか漬けだと思いたいですね。



女性の「和」ものの三大趣味といえば、茶道、華道、着物の着付け、だと思います。

そのいずれも趣味としないワタシの最近マイブームの「和」ものといえば、「神社めぐり」ですね。

一昨年、出雲大社で、日本古来の神社に開眼したワタシは、この夏、来年式年遷宮を控えた伊勢神宮に行ってきました。

京都の小学生の修学旅行といえば「伊勢・鳥羽めぐり」だったので(今は違うと思います)、伊勢神宮は初体験ではないのですが、「源氏物語」に触れてから(学んだというのはあまりにもおこがましいので)、少しワタシの見方が変わったように思います。

様々なキャラが登場する源氏物語の中で、一、二を争う存在感を持つ六条御息所の娘 秋好中宮(あきこのむちゅうぐう)が斎宮を務めた伊勢神宮は、興味深いのです。

と書くと、神社仏閣巡りが趣味のように思われるかもしれませんが、拝金主義が見え隠れするような神社はあまり興味が無いですね。

近所の神社からお祭りのたびに寄付の依頼があるのですが、ご近所の方から「あそこの神社の宮司さんは毎晩のように飲み歩いているよ」とお聞きしてから、なんだか腑に落ちない思いを抱いてしまうのはワタシがケチだからでしょうか・・・?



おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

今夜は心だけ抱いて/唯川恵

何かのきっかけで身体が入れ替わってしまった2人が主人公になる小説って、よく見かけませんか。

約30年前の大林宣彦監督の「転校生(主演は10代の小林聡美です)」では、高校生の男女が入れ替わり、東野圭吾原作の「秘密(広末涼子主演で映画化されました)」では、母と娘が入れ替わりますが、いずれも秀作でした。

本書も母と娘が入れ替わりますが、やっぱり秀作でした。


今夜は心だけ抱いて今夜は心だけ抱いて
(2006/03)
唯川 恵

商品詳細を見る


売れない小説の翻訳を細々としている柊子のもとに、離婚して12年間音信不通だった元夫の亮介から連絡が入ります。

柊子と離婚後、娘 美羽を引き取って再婚した亮介の用件は、海外赴任が決まったため、高校卒業までの半年間日本に残す美羽を預かってほしいというものでした。

家庭と仕事の両立が上手く出来なかった柊子は、離婚時に美羽が姑と一緒に暮らすことをのぞんだため、彼女を引き取れなかったという辛い過去がありました。

そして、美羽も母親らしいことを何もしてくれなかった柊子を憎んだまま成長していたのでした。

何とか2人の同居話をまとめようと、亮介は柊子、美羽と離婚後初めて親子3人で食事をするのですが、その時に突然のアクシデントが起こり、柊子と美羽の身体が入れ替わってしまい…。




47歳になって初めて17歳の美羽は、47歳にもその年なりの楽しみがあることを知ります。

そういえば、ワタシも17歳の頃は47歳の女性なんて、ただのおばさんでしかなく(美羽もそう言っています)、おばさんの生活など全く興味がありませんでした。

いつか、その年齢を迎える日が来るのにも関わらず、です。

しかし、今その年齢に近くなって、40代もまんざら捨てたものでもないな、と思います。

17歳と47歳、どちらがいいか?と聞かれても、即答はできませんから。

けれども、美羽のように17歳から47歳にいきなりとんでしまい、女性としての充実期である30年間が空白になるのはかなり辛いことだと思います。

筆者もそこに目を向けて、ストーリーを展開しています。



17歳と47歳を比べると、17歳の美容が美しさを追求するのに対して、47歳のそれは若さを追い求めているのがわかります。

確かにそうですね。

ワタシもここ最近、試着のポイントが「似合っているか」より「老けて見えないか」にかわってきましたから。

そして、もう一歩進むと、他の人と比べて若く見えるかどうか、なんてことを気にかけたりし始めるんですね。

先日、高校生の息子に「お母さんって、35歳に見えると思わない?(実年齢は40代)」と聞いてみたところ、「見えない!」と即答されてしまいました。

ちょっとムカついたので、「お母さんより老けてる35歳の人っていると思うけど」と抗議してみたところ、「お母さんと比べるかどうかは別にして、そういう人って、35歳としては老けてるはずだから、そういう人に勝ってうれしい?」と言われてしまいました。

あまりにも論理的な我が息子の説明に、キレるのも忘れて、ただただ納得してしまったのでした…。

おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

夜の橋/藤沢周平

ワタシにとっての時代劇の醍醐味といえば、ままならぬ人生を黙って受け入れる登場人物の切ない姿でしょうか。

短編集である本書にも、そのような人々が登場します。

その中の『暗い鏡』のおきみの切なさが、最も胸にしみました。

夜の橋夜の橋
(2006/08/25)
藤沢 周平

商品詳細を見る


鏡砥ぎ師の政五郎は、一人前になった息子と職人たちに主な仕事はまかせて、半分隠居のような生活を送っていました。

そんなときに、姪のおきみが殺害されたとの連絡が入ります。

弟夫婦が亡くなったあと、政五郎はしばらくその娘であるおきみを預かっていましたが、程なく彼女は米屋に奉公に出たはずでした。

しかし、死体として発見されたおきみは、春をひさぐ生活を送っていました…。




ひとり暮らしをしたことがないワタシは、寂しいという感情にあまり左右されることなく今日まで来ましたが、実は人は寂しさにとても弱いものなのかもしれません。

おきみはろくでもない男に騙され、身を持ち崩していきますが、そうなっていったのは寂しさのためだと思います。

誰かに頼りたい、心を許す相手が欲しいと望むのは、人は誰しも、若い女性であればなおさらのこと、当然のことだといえるのではないでしょうか。

おきみの姿が切ないです。



本書には、男としての見栄えは良いけれど、生活者としての能力を備えていない男性が何人か登場し、そういう男性に惹かれてしまう女性たちが描かれています。

確かにわからないことはないですね。

若い頃は見た目が大事ですから。

けれど、人生経験をそこそこ積むと分かると思います。

きれいなラッピングペーパーで包まれたゴミより、新聞紙にくるまれたダイアモンドのほうが価値があるということに。

ただ、ダイアモンドを包む新聞紙は、しわが無いよう、ピシッとしていただきたいのですが…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。