FC2ブログ

夏と花火と私の死体/乙一

死んだ後の自分の姿を想像したことがありますか。

ワタシはまだ死んだことがない(当然ですが)ので、自分の死体というものがイマイチ浮かんでこないのですが。

本書には2編の短編が収められていますが、標題作の主人公は死体です。

細かな描写が、死体よりも人間のほうが恐ろしいことを実感させてくれます。

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
(2000/05/19)
乙一

商品詳細を見る


花火大会を間近に控えた9歳の夏、木の枝に腰かけていた『わたし』は隣に座っていた仲良しの弥生ちゃんに突き落とされ、『変な方向に体がねじ曲がって』死んでしまいます。

弥生ちゃんと『わたし』が好きだったその兄の健ちゃんは、『わたし』の死体が誰にも見つからないようにと、森の奥や、枯れた水田や、2人の部屋の押入れなど、あちこちに移動させるのですが…。



死体でありながら、『わたし』は主人公であるため、物語は彼女の目線で進みます。

行方不明になった『わたし』を思って泣いているお母さんの足元で、茣蓙に包まれた『わたし』がそれを見ていたり、死体が見つかりそうになって動揺している弥生ちゃんを冷静に観察していたり。

その中で、この設定ならではの表現といえば、これなのではないでしょうか ↓ 。

「わたしが腐って臭いだす。」



子どもは無邪気ですが、計り知れない残酷さも持っているように思います。

他人の気持ちを思いやることに未熟な子どもは、何のためらいも無く、他人を傷つけてしまいます。

そして、心だけでなく、身体さえも傷つけてしまうことがあるのかもしれません。



我が子がお友達と遊んでいるのを見ていると、相手の心をグサリと突き刺してしまいそうなストレートな発言の応酬に、ワタシのほうが戸惑ってしまうことがあります。

しかし、当の子どもたちがその後も屈託なく遊んでいるのを見ると、実は、一見残酷に見えるストレートな子どもの発言よりも、表向きは丸く整えているように見えても、こっそり刃の先に毒を塗ったような大人の発言のほうが残酷なのかも知れません…。



おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

家日和/奥田英朗

出無精なワタシは、家にいるのがわりと好きです。

しないといけないことが満載で、なおかつ、したいことに事欠かない我が家は、ワタシにとっては決して退屈することのないおもちゃ箱みたいなものかもしれません。

本書は、我が家を舞台にした短編6編による短編集です。

家日和 (集英社文庫)家日和 (集英社文庫)
(2010/05/20)
奥田 英朗

商品詳細を見る


6編のうち、3編の主人公が妻で、残り3編の主人公が夫、という構成になっています。

夫が主人公となる3編も結構おもしろいですが、ワタシは自分自身が妻なので、妻が主人公の3編のほうがよりおもしろく読めました。

妄想に走る主婦が主人公の「グレープフルーツ・モンスター」はワタシには、そういう人もいるのかな?って感じでしたが、ネットオークションに夢中になる主婦が主人公の「サニーディ」には、はまりましたね。

中3と中1の子どもたちが親に見向きもしなくなり、「家族の全盛期」が終わったと感じる主婦 紀子に、「これって、もしかしてワタシのことー?」と言いたくなるぐらい共感できました。

ネットオークションにはまった紀子は、入札価格よりも入札者の数と落札者からの「非常に良い」という評価に喜びを感じるのです。

実は、主婦というのはほめられるということがものすごく少なく、ほめ言葉にとっても弱いのです。

なので、紀子が落札者からの評価に一喜一憂する姿が痛いほどわかります。

なぜなら、ワタシがこのブログを書き続けていられるのも、どこかで読んで下さっている方がおもしろいと思って下さっていると信じているからなのです。

なので、大変押しつけがましい言い方で申し訳ないのですが、下記のバナーをクリックして下さると、誰かにほめられたいというワタシの願望が叶えられて、ものすごぉくうれしいのです。

しかし、ほめてほしいワタシであっても、「子どもはほめて育てよう」というのはなかなかできなくて、自分はほめてほしいけれど、子どもをほめることには躊躇してしまうという、とんでもない親になってしまっています…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


北政所と淀殿/小和田哲男


今年のNHK大河ドラマは、「江」ですね。


本書は、江の姉で浅井三姉妹の長女 茶々


(後の淀君)と、茶々が側室として仕えた豊臣


秀吉の正室 おね(後の北政所)を、現代に残


された史料から分析し、わかりやすく解説して


います。


本のはなし ホンの少し


一般的に、秀吉の糟糠の妻である北政所と


年若い側室 淀殿との女の争いが、豊臣家を


滅亡に導いたとされていますが、筆者は史料


を用いてそれを否定しています。


側室、いわゆる愛人の概念が現代とは違う当


時では、2人はそれぞれの立場で豊臣家を守


るために動いていたそうです。


北政所は、いわゆるファーストレディー外交で


秀吉を助け、淀殿は、北政所が成し得なかった


世継ぎを産むことで豊臣家を存続を図ろうとし


たのです。


しかしながら、筆者も言っているように「歴史は


勝者が書く勝者の歴史」であるため、秀吉亡き


後、徳川の世に有利な歴史がつくりあげられて


いったのかもしれません。




確かに、正妻と愛人が手を取り合って何かを


成し得ようとするなんて、とてもとても考えられ


ないことですよね?


もし、そういうことがあるとすれば、正妻から見


ての夫、愛人から見ての愛人である男性を2人


が協力して殺害することぐらいなのではないで


しょうか。


ドキッ!とされた男性の方もおられるかもしれま


せんが、よっぽどのお金持ちでない限り大丈夫


なはずです。


半端ではない金額のお金が手に入るなら、憎む


べき相手であっても、一時的手を結んで、悪事を


働こうと考える「正妻・愛人ペア」ぐらいしか、その


ようなことをしそうにないので。


片平なぎさが登場するサスペンスドラマにありそ


うな設定ですが、普通はそういうことはないでしょ


うね…。



おもしろいと思って下さった方、
↓ クリックお願いします。ランキングに参加しています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


「暮しの手帖」とわたし/大橋鎮子


「暮しの手帖」という雑誌、ご存知ですか。


ワタシは購読したことはないのですが、我が


子のかかりつけの小児科の待合室に置いて


ありました。


子どもが幼い頃は、小児科にはしょっちゅうお


世話になりましたので、一時期は定期購読し


ているぐらい読んでいました。


本書は「暮しの手帖」の創刊者である大橋鎮


子さんが、自分自身の生い立ちから創刊に


至るまでと創刊してからの雑誌作りのエピソ


ードを綴っています。


本のはなし ホンの少し


「暮しの手帖」は終戦後まもなく創刊され、現


在まで続くロングセラー雑誌なのですが、筆


者が綴る編集部には今は無き古き良き時代


が見られます。


広告を掲載しないため、スポンサーの意向を


気にすることなく記事を書けるなんて、現在で


はまず考えらないことではないでしょうか。


しかし、雑誌に関しては素人だった筆者が最


初から順調に売れるはずもなく、何度か危機


が訪れるたびに助けの手が差し伸べられるの


ですが、このあたりは少し「うーん?」という気


がしないでもなくて。


それでも、読むのを止めようと思わないのは、


筆者の生活を良くしよう、楽しもう、という前向


きな姿勢が感じられるからだと思います。


巻末に「暮しの手帖」に掲載されたいくつかの


特集記事が掲載されているのですが、何十年


も前のものとは思えないぐらい魅力的なのです。


おいしいホットケーキの作り方だったり、おしゃれ


な日常着の作り方だったり、使いやすいキッチン


のレイアウトだったり。


これだけでも、「暮しの手帖」という雑誌の素晴ら


しさが伝わってきます。




小児科で「暮しの手帖」を読んでいた頃は、慌


ただしくてきちんと座って食事をすることすら


ままならない毎日でした。


いつかはこんな風に丁寧な生活をしようと思い


ながらページをめくっていたはずなのに、子ど


もが成長して余裕ができた今も、相変わらず


丁寧な生活ができていないような気がします。


ひとつぐらいは丁寧なことをしていないかな?


と考えてみたら、ありました。


コーヒー好きのワタシは、実は飲むたびごとに


コーヒー豆をひいているのです。


手動のミルでゴリゴリひくのは結構面倒くさい


のですが、ひきたての豆で飲むコーヒーはや


はりおいしいものですから。


こんなふうに書くと、コーヒーにこだわりを持つ


人のように思われるかもしれませんが、そうい


うわけでもなく、昼にはコーヒーを飲んだカップ


で夜には焼酎のお湯割りを飲むというようなこ


とをしております。


えっ?と思われるかもしれませんが、マグカップ


で飲む焼酎はなかなかオツなものなんですけど…。



おもしろいと思って下さった方、
↓ クリックお願いします。ランキングに参加しています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


パイロットフィッシュ/大崎善生

「人は、一度巡り会った人と二度と別れる

ことはできない」

背表紙には、このように書かれていました。

意味がよくわからなかったのですが、読ん

でみて納得しました。

本のはなし ホンの少し

アダルト雑誌の編集をしている「僕」のとこ

ろに、ある深夜、19年前に別れた由希子から

電話がかかってきます。

とりとめのない雑談のあと、2人は再会の

約束をします。

2人が別れた理由は、当時「僕」がアルバイト

をしていた店のマスターで、かわいがってもら

っていた渡辺が亡くなった夜、由希子の友人の

伊都子と関係を持ってしまったためでした。

由希子からの電話をきっかけにするように、

忙しい編集の仕事の合間に、渡辺のこと、

現在死の淵にいる編集者としての育ての親で

ある沢井のこと、アルコール依存症で精神病

院に入院している友人森本のこと、過去に自

分が関わってきた人たちに「僕」は思いを

はせていきます。

そして、由希子との再会の日がやってきまし

た・・・。





人は人と出会うと、その記憶が残るため、別

れたあとも記憶の中では存在し続けて完全に

別れることはできない、というのが、冒頭の

文の解釈ですね。

確かにそうですね。

良くも悪くも、同じ時間を共有した人をきれい

さっぱり記憶から消し去ることはできないと

思いますから。

特に濃い時間を共に過ごした人なら、なおさら

記憶の中に深く刻み込まれて、いつまでもその

人の影響を受け続けても不思議ではないのかも

しれません。



アルコール依存症になった森本は、年を経ると、

人間は「記憶の集合体」になると言い、森本は

その記憶に対峙しようとして精神を病んでしまっ

たのだ、と「僕」は考えます。

記憶は消えないし、戦えないし、向き合っても

消耗するだけだと。



記憶って、確かに厄介なものですね。

いつまでも覚えておきたい幸せな記憶だけなら

いいのですが、思い出したくないものもたくさん

ありますから。

イヤな記憶を思い出したくないのは当然ですが、

恥ずかしい記憶というのも、イヤな記憶以上に厄

介なものかもしれません。

突然現れて、消えてなくなりたい程の恥ずかしさ

をよみがえらせるのですから。

ただ、若い頃恥ずかしかった記憶も、年を取って

から同じ経験をしたら、そうでもないということ

もあります。


向かい側にいるひとが手を振っているので、振り

返したら、実は自分の後ろの人に手を振っていた、

というような経験は大抵の方はお持ちではないで

しょうか。

これって、若い頃だと穴があったら入りたいぐらい

恥ずかしいことだと思いますが、そこそこ年齢が進

むと、別の感情をもたらします。

向かい側の人がややこしい手の振り方をするものだ

から、カン違いしてしまったじゃないか!という怒

りの感情ですね。


こうして、人間は記憶の中の自分を守ろうとしてい

るのかもしれません。

良く言えば、の話ですが・・・。


いろんな書評が読めます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


人気ブログランキングへ


blogram投票ボタン

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR