FC2ブログ

地下街の雨/宮部みゆき

またしても、ほぼ1ヶ月お休みしてしまいました。申し訳ありません。

年度がわりの時期は、母親業はどうしても多忙にならざるを得ないもので、そこに、今年度も「卒業・入学」セットが加わり、なんだかよくわからないまま、月日だけが過ぎてしまったようで…。

今回ご紹介するのは、そんな親世代だからこそ理解が出来る、秘めた恋愛です。

本書は、標題作を含む7編からなる短編集ですが、その中の『勝ち逃げ』は、大人だからこそ理解が出来る恋愛模様をサスペンス仕立てで描いています。

地下街の雨 (集英社文庫)地下街の雨 (集英社文庫)
(1998/10/20)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


浩美は、母の10歳上の伯母 勝子が亡くなったため、通夜、葬儀の準備にかけつけます。

勝子は兄弟姉妹の中ではとび抜けて優秀で、国立大学を卒業後、中学教師をしていましたが、私生活は独身を貫き、浩美は厳格な勝子には可愛がられた覚えがないため、その死に関しても、特別な感情を持つことはありませんでした。

勝子は定年を迎えることなく亡くなり、きょうだいたち、特に男女関係でトラブルを頻発している末の妹 真喜子は、勝子が男性と縁の無かった人生を送った、と思い込み、彼女を憐れみます。

しかし、浩美は勝子のマンションの郵便受けに入っていた、既に封が切られていた古びた手紙を見つけて、勝子にきょうだいたちが知らない秘めた恋愛が過去にあったことを知るのですが、その手紙が書かれたのは浩美が生まれる前らしく、今頃なぜ?と疑問を覚えるのです・・・。




勝子の気持ち、ワタシにはよくわかります。

恋愛小説というよりもサスペンス的なつくりになっている内容なのですが、ワタシには謎解きよりも恋愛部分のほうが気になって仕方がありませんでした。

お互いに独身の恋愛というのは、何のしがらみも無く、わずかな曇りも無い(ワタシの数少ない経験上はそうですね)と思うのですが、大人の、いわゆるしてはいけないとされる恋愛(端的に言うと不倫ですね)は、そんな簡単なものではないと思うのです。

生涯の伴侶を見つけた人が恋愛すること自体が間違っている、と言われると、そうなのかもしれません。

でも、小林明子の『恋におちて』のタイトルどおり(古くてスミマセン)、恋愛とは理性でコントロールできるものではなく、「おちてしまう」ものなのだと思うのです。

だからといって、その感情のままに行動に移すのは、決して大人がとるべきものではないような気がします。

聡明な勝子は、相手の男性の事情を黙って受け入れ、聖職に人生を捧げる選択をしたのだと思うのです。



生涯の伴侶を見つけたとされるワタシですが、恋愛話(いわゆる『コイバナ』)は今でも大好きです。

自分にはこの先もう経験できないかと思うと、ますます『コイバナ』が聞きたいのです。

なので、高校生の長男にそれとなく話をふってみるのですが、彼の性格上、親にそんな話をするはずもなく…。

勉強も大切ですが(といっても、我が息子は決して勉強熱心ではないのですが)、人生において恋愛というものも結構重要なのではないか、とワタシは思うのです。

高2の長男に小バカにされながらも「お母さんも手をつなぐようなデートをしてみたい」とつぶやくワタシは、決して親として道をはずれているわけではないと思うのですが…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


スポンサーサイト
プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR