FC2ブログ

皺/パコ・ロカ

ゲーム機など無かった頃の主な遊び道具といえばコミック本だったと思います。

友だちと貸し借りしあったり、新刊本が出るのが楽しみだったり。

今の子どもたちのゲームソフトと同じようなものですね。

本書もコミックですが、スペイン人の漫画家によって描かれた本書は、ワタシが子どもの頃に慣れ親しんだものとは全く違い、人生の黄昏期を描いています。

皺 (ShoPro Books)皺 (ShoPro Books)
(2011/07/29)
パコ・ロカ

商品詳細を見る


認知症の症状が出てきたエミリオは老人ホームに入居することになります。

相部屋となったミゲルは、他の入居者からお金をだまし取ったりしていますが、エミリオに対しては友好的であり、親切でした。

入居者の中には、夫婦で入居しながら認知症が進んで横にいる妻のことさえ分からなくなった男性や、車椅子をイスタンブール行きの列車と思い込んでいる女性、若い頃に陸上大会で獲得したメダルを常に首にぶら下げている男性など、老人ホームならではの人々が生活しています。

かつて銀行員だったエミリオは、老いに振り回されない生活を送ろうとするのですが、そんな彼にもアルツハイマーという病は容赦なく忍び寄ってくるのです…。



老人ホームならではのエピソードが絵と文字で展開され、笑わずにはいられませんでした。

しかし、読み進むうちに、筆者が読者に笑いを求めているだけではないことに気付きます。

エミリオの認知症が進んでいく様子が描かれたコマがリアル過ぎて、哀しいのです。

あとがきにも、筆者は老いていく人々に対する尊敬の念を綴っています。

だからこそ、認知症の老人のエピソードがただ笑いを誘うものだけでなく、人生の重みを感じさせてくれるのだと思います。



いくつか登場するエピソードのうち、ワタシが最も心惹かれたのは、認知症のモデストとその妻ドローレスのくだりです。

認知症のモデストは、いつも隣にいる妻ドローレスのことすらわからなくなっていると周囲の人には思われていますが、実際はそうではないのです。

他の人が認知できない部分で、モデストはドローレスを愛し続けているのです。

実は、愛情というのは言葉で尽くすようなものではなく、愛する人のそばにいるだけで幸せだと感じるもののような気がします。

夫婦とは、こうありたいですね。



エミリオとミゲルは「人生最後の日々をこの施設でただ眠ったり、ビンゴをしたりしているだけでいいのか?」と考え、施設を脱走します。

脱走をおしゃれに決めようと、コンバーティブルで。

しかし、屋根の無いコンバーティブルは老人には寒いんですね。

今は、燃費や収容人数重視して車を購入しているワタシですが、いつか運転できなくなる日が来ることを考えると、今のうちにハンドルを握ってみたいと思う車に乗っておいたほうがいいのかもしれません。

けれども、ワタシはコンバーティブルはやめておいたほうがいいように思います。

ハンドルを握ると(いや、握らなくても?)、凶暴になってしまうワタシが運転席で吐いている暴言は、密室だからこそ許されるものであって、決して白日の下にさらして良いものでは無いと思いますので…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト
プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR