FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方小説/中島たい子


漢方といえば、副作用がなく、穏やかに症状を


緩和する、といったイメージがありませんか?


必ずしも、そうとは言い切れないらしいのです


が。


本書は、原因不明の胃の痛みを発症した31


歳独身女性の主人公が漢方医にかかることで、


徐々に回復するまでの話なのですが、この年


代の女性が抱くであろう心の葛藤を少々自嘲


気味に描いています。


本のはなし ホンの少し


かつて付き合っていて、プロポーズまでされた


彼と久しぶりに会うことになり、その場で結婚


すると聞かされた脚本家の「私」は、突然の発


作のため救急車で病院に搬送されるはめに


なります。


しかし、検査の結果、どこにも悪いところは見


られず、その後診察を受けたいくつかの病院


でも原因は判明することはなく、「私」は以前


かかったことのある漢方医のもとを訪れます。


イケメンの漢方医に処方された薬を服用しな


がら、心配してくれる飲み仲間たちと交流を続


けていた「私」は、自分の心の奥底にあるもの


にようやく向き合えるようになります…。






日々考えることといえば献立のことぐらいしか


ないような生活を送っているワタシにとって、責


任ある仕事を持って、自立している女性という


のは憧れですね。


しかし、これを読むと、バリバリ仕事をこなして


生活を楽しんでいるように見える女性が、意外


と脆い心を持っていたりするようなんですね。


やはり自由と安定は相反するものなのかもし


れません。




タイトルに違わず、本書は小説でありながら、


漢方の豆知識のようなものがあちこちに登場


します。


じっくり読めば、漢方の基本的な考え方を理解


できるようになるかもしれませんね。



漢方といえば、「良薬は口に苦し」といったイメー


ジをお持ちの方が多いのではないでしょうか。


かくいうワタシもそうなのですが。


でも、ワタシにとっての「良薬は口に苦し」といえ


ば、人間関係ですね。


ことわざの解釈とはちょっと違っていますが、「良


いものは最初は口当たりが良くない」という意味


で。


ワタシの場合、なぜか最初の印象が良くない人


のほうが、その後親しくなるという傾向にあるので


す。


なので、テレビで見る限りでは、ぜーったいに親


しくなりたくないと思っている叶姉妹(特に姉のほ


う)も、会えば意外と親しくなれるのかもしれませ


ん。


ただ、実際に会うことなんてぜーったいにないの


で、そういうことになるハズがないのですが…。



おもしろいと思って下さった方、
↓ クリックお願いします。ランキングに参加しています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。