FC2ブログ

和菓子のアン/坂木司

和菓子と洋菓子、どちらがお好きですか?


ワタシはあんこもクリームも好きなので、どち


らとも言えないのですが、最近はどら焼きの


ような食べ応えのある和菓子は、食べ切るの


がしんどくなってきました。


好きなんですけどね。


本書は、デパ地下の和菓子店で働き始めた


主人公が、お客さんや他の従業員たちが投げ


かけるミステリーとまではいかない小さな謎と


きをするのを読みながら、和菓子の知識も得


られるお得な小説です。


本のはなし ホンの少し


高校を卒業した杏子は、デパ地下に出店して


いる和菓子店「みつ屋」で働き始めます。


株が趣味の椿店長、元ヤンの桜井さん、そし


て、外見はイケメンなのに中身は乙女な立花


さんと、個性豊かだけど、仲の良い同僚たちに


恵まれます。


お菓子は好きでしたが、和菓子の知識などほ


とんどなかった杏子は、日々の接客の中でお


客さんや同じフロアの他の店舗の従業員たち


に対して抱いた疑問を、椿店長、桜井さん、立


花さんたちと謎ときをしながら、季節の生菓子


が表現するものや、和菓子の世界の決まりご


となどを知るようになります…。






主人公の杏子は、その名前と、背が低くてぽっ


ちゃりした体型と、白くてぽにょぽにょのほっぺ


を持つことから、大福に似ているということで、


立花さんから「アンちゃん」とあだ名をつけられ


ます。


で、このアンちゃんがとってもいい子で、かわい


いんです。


内容といい、主人公のキャラクターといい、漫


画化したら結構イケるのでは?と思いました。



ここには、デパ地下の裏側もいろいろ書かれて


いて、閉店後に残った惣菜類を従業員たちに超


格安で販売していたり、閉店30分前になると和


菓子、洋菓子も含めて全ての食品が半額になっ


たり、とスーパーに比べてお高いイメージのデパ


地下もお得なことがいろいろあるようです。


これを読んで、閉店間際のデパートにはあまり


行ったことがないワタシも、ぜひともデパ地下半


額セールに挑戦してみたいと思うのです。


ただ、我れ先にとばかりにお目当てのコーナーに


向かうような奥様がおられたりしたら、奥ゆかしい


(!?)ワタシは負けてしまうかもしれません。



閉店間近になって、値引きシールを貼っていくスー


パーの店員さんにぴったり寄り添って、狙った獲物


はなんとしてもゲットするぞ!という意気込みの方


を見ると、ちょっと悔しいけれど、まだ恥じらいを残し


ている(と思われる)自分が愛おしかったりします…。



おもしろいと思って下さった方、
↓ クリックお願いします。ランキングに参加しています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR