FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひとりさまの老後/上野千鶴子

「おひとりさま」というのは、1人でレストランなどに行ったときに、お店の人が口にする決まり文句ですね。

ここでは、連れあいや子どもなど一緒に暮らす家族を持たない人のことを指しています。

おひとりさまの老後おひとりさまの老後
(2007/07)
上野 千鶴子

商品詳細を見る


本書は、そのような人が人生が残り少なくなったときにどのように過ごすかを、筆者独自の視点でさまざまな知恵を提案しています。

といっても、ノウハウを説いているわけではなく、1人で生きていくことの心意気みたいなものが書かれています。

筆者も言っているいるのですが、今現在、配偶者や子どもがいて「おひとりさま」ではなくても、さまざまな理由から老後は「おひとりさま」ではない保証はないので、愛するダンナ様とかわいいお子さんをお持ちの方も一読されてもいいのではないでしょうか。

「おひとりさま」はまだ先のことのようですが、最近子どもたちの親離れが進み、「おふたりさま」(オットと2人)になりつつあるワタシには、他人事とは思えなかったので。

「おひとりさま」歴の無い(1人暮らしをしたことが無い)ワタシは、昼食はまだしも、夕食をお店で1人でとったことがほとんどなく、老後に備えて何とかしなくては…、と思ったりしています。

なので、先日バツイチながら現在はダンナ様と小学生と2歳の2人の子を持つ友人から、「ダンナとケンカしたら、子どもを寝かしつけたあと1人で飲みに行くよ」というのを聞いて、ワタシも見習わねば、と思いました。

ただ、「ダンナとケンカ」のほうは、見習わないでおこうと思っているのですが…。

おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。