FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋は、あなたのすべてじゃない/石田衣良

タイトルは「すべてじゃない」となっていますが、ワタシは「恋がすべて」みたいな状況になってみたいですね。

おそらく、そのようなことはまず起こらないと思いますが。

本書は、恋愛の指南書的な内容なのですが、それだけではなく、恋とは関係なく、心地良く日々を送るためのアドバイスようなものも載せられています。

恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)恋は、あなたのすべてじゃない (青春文庫)
(2008/09/09)
石田 衣良

商品詳細を見る


いくつかの章にわかれて、男性である筆者が女性にありがちな恋の悩みにアドバイスをしています。

これを読むと、男性と女性の恋に対するスタンスの違いがよくわかります。

恋をするとそれだけになってしまいがちな女性とは違い、男性は「仕事も大切、自分ひとりの時間も大切、それ以外の人生の喜びのひとつに恋愛もある」と考えている人が多い、と筆者は述べています。

確かにそうかもしれません。

しかし、女性の立場から言わせてもらうと、恋は「別腹」ですから、どんなに忙しくてもどっぷりのめり込むことができるのです。

その他、「女性は(未来のことを)約束をしない男性を責める傾向にあるが、そう簡単には約束しない男性ほど信頼できる」とも述べています。

うーん、これもわかります。

でも、女性は大事なことを言ってほしいんですよね。

そして、ジェラシーについては、「彼への恋愛感情から出ているのはでなく、プライドだったり、恋愛という勝負から降りられないという意地だったりする」と筆者は言っています。

これも的を射ていると思います。

ただ、ワタシ自身は、かなり粘着質な性格にも関わらず、相手の女性に対して嫉妬心を抱くということはあまりないほうですね。

おそらく、自分に自信がないので、「その人のほうがいいというのなら、仕方が無いな」と思ってしまうんでしょうね。

しかし、彼の仕事や趣味というものに対しては嫉妬するほうですね(やっぱり粘着質)。

オットとの交際初期に、続けて何回か仕事のためにデートをドタキャンされたことがあり、そのときはスネたりもしました。

しかし、それからウン十年が過ぎて、大晦日に呼び出されて「今日中に帰れないかもしれない」と言いながら出勤していくオットに、「一緒に年越しできないの?」などとわがままを言うこともなく、「それでは、良いお年を」と年越しの挨拶をしてオットを送り出す、礼儀正しい妻となりました…。

おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。