FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ正妻/姫野カオルコ

本書には、世にも不思議な生き物が登場します。

目星をつけた男性を罠にかけて結婚にもっていき、結婚後は夫となったその男性を奴隷にしてしまう、という女性です。

女性であるワタシがそう思うのですから、男性の方だと怒りを通り越して、恐怖を感じるのではないでしょうか。

といっても、決してホラーではないのですが。

ああ正妻ああ正妻
(2007/03/26)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


大手出版社に勤める小早川は、有名女子大を卒業して、同じ部署でアルバイトとして働く雪穂から、自分の水着姿のテレフォンカードを押し付けるように渡され、その後、彼女の言う「安全日」を信じたあげく、妊娠した彼女と結婚することになります。

結婚するやいなや、雪穂は暴君に変貌し、家庭は彼女と彼女の母校に通う娘たちと彼女の母親のものとなり、金遣いの荒い雪穂から小早川はお小遣いとして1万円もらうだけで、出版社勤務という激務の中、妻のマッサージ、トイレ、風呂掃除などを命じられます。

小早川の知り合いの作家 瓶野比織子は彼から家庭内での話を聞かされ、同情するのですが、あまりにも度を越した内容に小説にするには真実味に欠けて無理だと考えてしまいます…。


男性としてはあまりパッとしない小早川に、結婚相手として標的を定めてハンターのごとく向かっていき、結婚後は好き放題に家庭を回していく雪穂に、ワタシはあきれもしましたが、同時に尊敬の念も抱いてしまいました。

このように目的がはっきりしている人は、良い悪いは別にして行動にブレがありませんし、迷いもありませんから。

ワタシのように、なんとなく結婚して、なんとなく子どもを産んで、なんとなく奥さんとお母さんをやっているような人は節目節目に迷いが生じてしまうのです。

尊敬というより、ちょっとうらやましいな、といったところでしょうか。

しかし、結婚して10年以上経った小早川に、知りあいの大学教授が「奥さんのどこが好き?」と尋ねたら、「性欲の対象としては見ても、愛情を感じたことは一度もありません」と答えるのを読むと、やっぱりこういうのはイヤだな、と思いました。

これは小説の中の出来事ですが、実際にはこんな女性はいないだろう、と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ワタシはこの目でしっかり見たことがあります。

その彼女の場合は、最初から1人に定めていたのではなく、目星を付けた2人のうち、おとせそうな片方の男性(ちなみに5歳下)に向かっていったのです。

その恥も外聞もなく、彼をおとそうとする姿は鬼気迫るものがありました。

その後、気の弱い彼と無事に結婚を果たした彼女は、今はどうされているのでしょうか?

なんとなく想像はつくので、あまり知りたくもないですけど…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。