FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばさん未満/酒井順子

女の人は、いくつぐらいから「おばさん」と呼ばれるようになるんでしょうね。

ワタシはおばさんと言われていい年代だと思うのですが、幸いにもまだ面と向かって言われたことはありません(陰では言われているかもしれませんが)。

最近の子どもは親のしつけが行き届いているようで、友だちのお母さんを「おばさん」とは決して呼ばず、「○○くんのお母さん」と言いますから。

筆者は、まだ「おばさん」ではないと思いながらも崖っぷちに立たされているのを認めざるを得ない「おばさん未満」の女性たちの焦りや戸惑いを面白おかしくエッセイにしています。

おばさん未満おばさん未満
(2008/09/26)
酒井 順子

商品詳細を見る


「髪」「女性誌」「服」「たるみ」など約20の章から成り立ち、筆者と同年代のワタシにはどれもこれもおもしろくて、そうそう、と頷きながら読みました。

筆者も言っていますが、かつては、おばさんと呼ばれる年代になれば、こういう服をを着て、こういう髪型にする、というのが決まっていたので、おばさんと呼ばれるのを避けられなかったかわりに、何を着たらいいか、どういうヘアースタイルにしたらいいか、迷うことはなかったのだと思います。

けれども、今は違います。

ワタシもそうですが、美容院に行けば、娘といってもいいぐらいの女の子と同じようなヘアースタイルにして、洋服を買おうとレジに並べば、後ろに並ぶ大学生ぐらいの女の子がワタシと同じものを持っている、などということが起こっているのです。

これを、まだまだ若いから、という言葉で簡単に片付けて、自分を客観視せずにいると、老いが訪れた肉体とのバランスがとれなくて、イタい人と言われかねないんですね。

実は、ワタシは実際に経験したことがあります。

息子の高校の入学式のために、これならぎりぎりイケるかも、と若づくり目のスーツを試着したときのことです。

そのスーツはサイズ的にはワタシにぴったりで、首から下だけを見れば何ら問題はなかったのですが、目線を上げて顔を含めた全身を眺めた瞬間、目を覆いたくなりました。

鏡の中のワタシは、普段着ないような若づくりの服を着ている分、服の上にのっている顔は普段よりも老けて見えたのです。

このときに見た顔と洋服のアンバランスさが、おばさんと呼ばれないことに安心しているワタシに老化をはっきり自覚させたのでした…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。