FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩鐘/宇江佐真理

殺人の大部分は、怨恨によるもので、顔見知りの者に殺害されていることが多いそうです。

しかし、本書は違います。

幼い頃に受けた心の傷を癒せないまま成長した武士が、殺害相手を選ぶこと無く、残虐な殺人を繰り返していくのです。


晩鐘 続・泣きの銀次晩鐘 続・泣きの銀次
(2007/11/16)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


約10年前に岡っ引きの仕事からいったんは退いた銀次でしたが、ひょんなことから若い娘が被害者となる連続殺人に関わり、岡っ引きに復帰することになります。

監禁されていたところを銀次が助け出した絵草子屋の娘 お菊は、見るも無残なほど殴られ、骨折までしていました。

遺体で発見された他の被害者たちも同様で、銀次は唯一生き残っている被害者であるお菊から聞き出した情報をもとに、同心の表勘兵衛とともに探索を続け、なんとか下手人の輪郭をつかんだのですが、なぜか下手人は銀次たちの動きを把握しているようで、ようやくたどりついた証人も殺害されてしまいます。

そこから、銀次は仲間であるはずの人間の裏切りに気がつきます…。



岡っ引きというのは、専業の仕事ではなく、たいてい本業を持ちながら勤めることが多かったようです。

銀次もその例にもれず、親から受け継いだ小間物屋を細々と商いながら、十手を差しています。

岡っ引きの仕事に携わっていないときの銀次は、しっかり者の女房の尻に引かれ気味ながら、4人の子どもたちの成長に目を細める、模範的な家庭人です。

よく、家庭を顧みないことを得意げに口にするダンナ様がおられますが、ワタシはこういうのはあまり好きではないですね。

ワタシが既婚者だからかもしれませんが、結婚されている男性には奥サマのことを否定的な言葉で表現してほしくないのです。

たとえ不倫をしていたとしても、奥サマのことは絶対的な存在にしておいてほしいな、と思うのです。

ちょっとディープな表現になってしまいましたが、我が夫婦に関しては、両者とも清廉潔白です(と信じています…)。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。