FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三人暮らし/群ようこ

ひとり暮らしはしたことがないワタシですが、3人で暮らしたことはあります。

といっても、オットと息子とワタシの3人という、部屋も家事も生活費もシェアしない3人暮らしなのですが。

本書は、仲の良い者たちで部屋をシェアするという前向きな三人暮らしもあれば、あり得ないメンバーで止むに止まれず始まる三人暮らしも登場します。


三人暮らし三人暮らし
(2009/09/25)
群 ようこ

商品詳細を見る


10編からなる本書には、10パターンの三人暮らしが登場しますが、その中でワタシが最もおもしろかったのは、『友だちではない』です。

おしゃれな外国人向けマンションをルームシェアしながら暮らしているマキとサヤカは、もう1人のルームメイトのマリイが結婚することになったため、新たなルームメイトを探し始めます。

多数の希望者の中から面接して、トモコに決めたのですが、彼女の行動や言動がしっくりこないサヤカは、マキとマリイと3人で暮らしていた頃と比べてしまうのですが…。



子どもの頃は、行動を共にしていれば友だちだと胸を張って言えたと思うのですが、オトナの友だち事情には、そのような明確な定義は無いように思います。

子どもなら、同じ部屋に寝泊まりすれば当然友だちだということになりますし、大人でもそう考えてしまう人がいるのも不思議ではないと思います。

だからこそ、新しいルームメイトのトモコが、マキやサヤカの生活に興味津々だったり、自慢話を延々としたりすることにサヤカが違和感を覚えても仕方がないとは思うですが、帰国子女で海外でもルームシェアの経験があるマキは、きっぱりこう言うのです。

「(ルームメイトは)友だちではない」と。




「友だち」という言葉には、「恋人」とはまた違った甘美な響きがあるように思います。

今の時代、大人も子どもも、友だちが多いことがよし、とされてますから。

けれども、この「友だち」という言葉に縛られていることも少なくないのではないでしょうか。

歌人の林あまりさんが「友だちという言葉に縛られるよりも、その日会話を交わした人との心のふれ合いを大切にしてみては?」とどこかで書いていたのを読んだことがあります。

確かに、目の前の人を友だちとは呼べなくても、共有している時間が心地良ければ、それは幸せなことなのではないでしょうか。


と、いっぱしのことを書いたワタシですが、実は友だちが少ないことを言い訳しているだけなのかも知れません…。



おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。