FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃亡医/仙川環

すばしっこさというものをかけらも持たずに生まれてきたワタシは、逃げるということが得意ではありません。

子どもの頃のオニごっこでも、すぐにつかまっていましたし。

本書は、いわゆる逃亡劇なのですが、逃げるのはお医者さまです。


逃亡医逃亡医
(2011/07/29)
仙川環

商品詳細を見る


刑事を辞めた奈月は、知り合いの遼子から人探しを頼まれます。

遼子の小学生の息子は移植が必要になるほど肝機能が低下していたため、息子への肝臓移植のドナーを引き受けてもらいたく、出産後1度も会っていない息子の父親 佐藤に連絡をとろうとしていました。

佐藤の職業が医者であると知った奈月は、すぐにでも見つかるだろうと考えていたのですが、彼女が佐藤の探索を始めたのと時を同じくして、運悪く彼は失踪していました…。



奈月が佐藤に行きつきそうになると、寸でのところで彼は姿をくらます、の連続で、気を抜けないまま一気に読破してしまいました。

映像化したら、おもしろいだろうなと思います。



お医者さまといえば、頭が良いことは勿論のこと、裕福なお家に生まれることも条件なのではと、ワタシなどは思ってしまうのですが、本書に登場する佐藤は違います。

そのことから、この逃亡劇が繰り広げられるのですが、読み進むうちに、その原因となる彼の過去が徐々に明かされていきます。

それは、お医者さまという、日のあたる世界の人間からはかけ離れた、暗く辛い過去なのです。

これ以上はタネ明かしになるので、書けませんが。



ワタシが子どもの頃は、お医者様の制服といえば、羽織るタイプの白衣が多かったのですが、最近は半袖の、羽織るのではなく、着るタイプのものも増えているようですね。

ワタシは、ネクタイを締めて白衣を羽織っているお医者さまにはあまり魅力は感じませんが、あの半袖タイプの白衣を身につけておられるお医者さまには、ちょっと惹かれますね。

これも、「制服姿はおとこっぷりが2割増しになる」の法則(?)が生きているのかもしれません…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。