FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異境/堂場瞬一

最近よく、女性刑事を主人公にしたドラマを見かけませんか。

先週から始まった「ストロベリーナイト」は竹内結子が女性刑事を演じていますし、映画化もされた「アンフェア」の篠原涼子はやたら発砲する刑事でしたし、「絶対零度」では上戸彩演じる新米刑事は潜入捜査なるものをやっていましたし。

本書にも、女性刑事が登場します。

しかも、例にもれず、設定は「美人」です。

異境異境
(2011/05/30)
堂場 瞬一

商品詳細を見る


上司との諍いが原因で、本社から横浜支局に異動になった日報新聞記者の甲斐は、そこで記者2年目の二階に出会います。

甲斐は、人を食ったような態度を取る二階に反発を覚えながらもなぜか気になっていたのですが、彼は翌日行方不明になってしまいます。

二階のことをよく思っていなかった他の支局員たちは、彼が自ら姿をくらましたと考え、誰も真剣に取り合わず、また、なぜか警察もこの件に関わるのを避けようとする中、若い女性刑事翔子だけは甲斐に協力的な態度を見せます。

そんな中、甲斐は誰が敵で、誰が見方なのか、わからないまま、事件に関わっていくのですが、それは途轍もなく大きなヤマでした…。




テレビドラマの影響なのか、刑事も新聞記者も一匹狼的なイメージがありますが、実際には組織に縛られている職業であることが、本書から読み取れます。

警察、新聞社に限らず、組織での仕事というのは、調整と協力が大部分を占めていて、個人の勘というものはあまり必要とされないので、自身の勘を信じて行動する刑事や新聞記者というのは映像の中ではかっこ良く見えても、実際には甲斐のように異端児とみなされても不思議ではないでしょうね。

異端児の甲斐は、異端児なりの方法で事件の真相に近づいていくのですが、やはり組織の後ろ盾がないというのは厳しく、甲斐は何度も危険な目に合うのです。



甲斐は上司でさえも、気に食わなければ食ってかかるタイプです。

そのため、上司にうとまれ、左遷とも思える異動を余儀なくさせられるのですが、ワタシ自身もそういうところが無いとは言えませんので、甲斐の心情がわからなくはありません。

ただ、このような人はやっぱり損をするな、と思いますね。

食わず嫌いのため食べ物の好き嫌いが多いワタシは、人間に関してもその傾向にあるようで、常々、食べ物と人間はとりあえず食べてみたほうがいい、と自分に言い聞かせながらも実行できなくて、なんとなく損をしているような気がしているのです。

虫が好かないヤツというはどこにでもいると諦めて、裏ではバカにしながらも、表面的には取り繕ってうまく付き合う、というのがオトナの処世術なのかもしれません・・・。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。