FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最愛/真保裕一

親として、たまーに考えることがあるのですが、もし今、ワタシとオットが突然亡くなったりしたら、我が子たちはどうなるのか?と。

親としては至らないワタシですが、それでも人並み程度には親の責務を果たし、子どもたちがぬくぬくと暮らせるよう庇護しているという自負はありますから。

本書には、幼少時に両親を亡くした姉弟がたどった運命によって引き起こされた事件が描かれています。

最愛最愛
(2007/01/19)
真保 裕一

商品詳細を見る


小児科医の悟郎は、18年間音信不通だった姉の千賀子が事故にあって、意識不明の重体であるとの連絡を警察から受けます。

千賀子は居合わせた消費者金融で放火事件に巻き込まれたのですが、なぜか彼女の頭には銃弾が撃ち込まれており、脳死寸前の状態でした。

また、千賀子はその事件の前日に婚姻届を提出していており、事件が報道されたにも関わらず、夫である男性は姿を見せようとせず、そして、その男性には前科がありました。

千賀子と悟郎は幼い頃に両親と死に別れ、お互い別々の親戚に預けられたのですが、その親戚同士が不仲だったためほとんど会うことができず、また、預けられた先の親戚と折り合いが悪かった千賀子は17歳で家を飛び出していました。

悟郎は、事件の真相と自分が知らない千賀子の過去を探り始めるのですが…。




悟郎は事件の真相と彼が知らなかった姉の過去を調べるべく、関係者に次々あたっていくのですが、このあたりが、2時間サスペンスドラマでいえば、片平なぎさや船越英一郎が次々関係者に事情聴取している場面を彷彿とさせます。

物語が進み、事件の輪郭がおぼろげながらも表れてきて、結末に近づいてきても、ワタシにはタイトルの「最愛」の意味がわからず、もやもやしてしまいました。

しかし、残りページが少なくなった頃、どっかーん!と音がしそうなほど衝撃的な事実が飛び出し、「最愛」の意味が明かされます。

ヒントは、冒頭で、悟郎が話していた小児科医になった理由です。

「ある女性との間にできた子供を、この世に迎えてやることができなかった。だから、その償いとして、子供の命のために力を尽くす仕事をしたいと考えた」



彼に気を遣い、できる限りの好意を見せてくれた伯父のもとで育った悟郎と、従兄姉や伯母と折り合いが悪かった千賀子では、両親の死後の境遇にかなりの隔たりがあります。

しかし、悟郎も、伯父たちに気を遣いながら、生きてきました。

このあたりの描写は人の親であるワタシにとっては、辛いものでした。

言いたいことを躊躇することなく言い、欲しいものを遠慮することなく要求する我が長男ですが、それは実の親に対してだからであって、彼も悟郎のような境遇になれが、おそらく気を遣いながら生きていくことになるでしょう。

そう考えると、子どもたちが一人前になるまでは、なんとしても親の務めを果たさなくては、と思うのです。

しかし、親の責任を果たすことと、子どもの無尽蔵な要求をのむことは、全く別なハズです。

子どもが実の親に対して遠慮が無いように、親も実の子に対しては遠慮が無いのです。

「新しいダウンベストが欲しい」と言う長男に、そんなものを買うぐらいなら、ワタシの新しいブーツを買う、と思ってしまうワタシは、決して間違っていないのではないでしょうか…?


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。