FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと塩味を!/林真理子

最近、日本でも「ミシュラン」の星を獲得するお店が増えてきたようですね。

そのようなお店には到底足を踏み入れることなど出来ないワタシには、その味の素晴らしさを知る術は無いのですが、この星を目標にしている料理人は少なくないそうです。

本書は、本場フランスで星を獲得した料理人を支えた女性の、波乱万丈の人生を描いた物語です。

フィクションらしいのですが、モデルになった女性がいるような気がしないのでもないのですが…。

もっと塩味を!―Plus de sel,s’il vous plait!もっと塩味を!―Plus de sel,s’il vous plait!
(2008/08)
林 真理子

商品詳細を見る


パリで、夫 直人と二人三脚でやってきたフランス料理店「シリウス」が、念願のミシュランの一つ星を獲得したことを知ったのと時期を同じくして、美佐子は直人から離婚を切り出されます。

還暦間近でありながら、50歳そこそこにしか見えない若々しい美佐子でしたが、6歳下の夫 直人は若い愛人が妊娠したため、美佐子に離婚を申し出たのでした。

美佐子は30歳代半ばで直人と結婚する前は、生まれ故郷の和歌山で20歳そこそこの若さで地元の資産家の息子と結婚しており、24歳で既に2人の子の母でした。

舅の提案で、夫とファミリーレストランの経営に乗り出した美佐子は、本格的なフレンチの店を出したいと考えるようになり、東京で活躍する若手の新進気鋭のフレンチの料理人である大久保と接触を取るようになります。

当初はフランス料理店開店の指南を受けているだけだったはずなのですが、親密になった美佐子と大久保は遂に一線を越え、美佐子は大久保との、いや東京でのもっと広い未来を求めて、夫のもとを飛び出します…。





美佐子は、最初の結婚では2人の子を持ち、舅姑と同居でありながら、主婦とは思えないほど自由奔放な生活を送っていたのですが、2度目の結婚では糟糠の妻と言っても過言ではない程、夫を支えて不遇な時期を乗り越え、店の経営に粉骨砕身しています。

それは、2度目の結婚相手である直人が、美佐子が追い求める見た目も味も芸術的なフレンチを作るシェフだったからではないでしょうか。

最初の結婚では、経済的に不自由をしない相手を望んだため、贅沢な生活を送ってきたのですが、物質的な充足以外の喜びを見つけてしまうと、ものに囲まれた生活など意外に簡単に捨ててしまえるものなのかもしれません。

幼い頃から、舌が肥えていて、おいしいものには目が無かった美佐子には当然の結果のように思います。



大久保のいる、華やかな世界へと飛び出した美佐子でしたが、大久保は夫と子どもを捨てた彼女を両手を広げて受け入れてくれることはありませんでした。

普通の女性なら、ここで後悔に苛まれると思うのですが、彼女は違います。

別の女の影がちらつく大久保を深追いすることなく、自分の夢に突き進んでいくのです。



子どもを残して離婚するような女性ですが、ワタシは美佐子のことがキライにはなれませんでした。

物事を深く考えることがあまり好きでは無く、自分自身の欲望に素直な彼女は、ワタシの対極にいるからなのかもしれません。

石橋を叩き割るほど慎重で、あれこれ考え込んでしまうワタシですが、深く考えたからといって、正しい答えが見つかることなど無いことはよーくよくわかっています。

だからこそ、思い悩むことなく新しいところに飛び込んでいく彼女がうらやましいのです。

そんなワタシが、あまり深く考えずに決断したものの中で最も大きなものといえば、結婚なのかもしれません。

女性にとっては人生のターニングポイントともなりかねないものをはずみで決めてしまうなんて…、と思われるかもしれませんが、人生なんて所詮そんなものだと思うのです。

人生とは、「はずみ」と「縁」と「努力」と「タイミング」が入り混じって、できあがっているような気がします。

「努力」が不足しているワタシは、他の3つがカバーしてくれていると信じているのですが・・・。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【本のはなし ホンの少し】

最近、日本でも「ミシュラン」の星を獲得するお店が増えてきたようですね。そのようなお店には到底足を踏み入れることなど出来ないワタシには、その味の素晴らしさを知る術は無いのですが、この星を目標にしている料理人は少なくないそうです。本書は、本場フランスで星を...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。