FC2ブログ

グラニテ/永井するみ

息子しかいないワタシには、娘というのは羨ましくてたまらない存在ですね。

会話の途中で、相手の方が「この前、娘とショッピングに出かけて…、」などと口にされたりしたら、羨ましさのあまり、かるーく凹むことすらありますから。

しかし、本書を読んで、息子でよかったかも?と思いました。

母親にとって、息子は異性ですが、娘は同性ですから…。

グラニテグラニテ
(2008/07/25)
永井 するみ

商品詳細を見る


脳梗塞で突然夫を亡くした万里は、特技のお菓子作りを活かして、カフェを始めます。

10年を経て、万里のカフェ『ラ・ブランシェット』は支店を持つほどに繁盛し、幼かった娘の唯香は高校生になり、そして、万里自身も一回り年下の映画監督の凌駕(りょうが)と恋愛関係を持ち、満たされた日々を送っています。

しかし、凌駕が、唯香を次回の作品に出演させたい、と言い出したことから、穏やかに回っていた歯車が狂い出します…。




万里とはかなり境遇が違いますが、ワタシとは同年代であり、高校生の子を持つ母ということで、かなり感情移入しながら読みました。

我が子を見ていて思うのですが、高校生というのは、中学生の頃のやたらめったら親に反抗した時期(ホント面倒くさかった!)とは違い、自分のしたいことと親の意向を巧みに天秤にかけているような気がします。

親のアドバイスを聞きながらも(というより、聞き流しながらも)、それを受け入れるわけではなく、自分の考えを譲る気はないのです。

男女平等と言われて久しいですが、女性が産む性である以上、人生の選択において、真の男女平等は難しいのではないかと思います。

なので、男性の人生を歩んだことの無いワタシは、息子の選択がワタシが思うものと多少違っていたとしても仕方が無いと思えないことも無いですが、娘に対してはそうはできないと思います。

もし娘がいたら、自分が出来なかったことをたくしてしまいそうな気がするのです。

万里もたくそうとはしないまでも、自身が信じる女性としての正しい道を唯香に歩ませようとしてしまうのです。



そのうえ、万里は、唯香が自分の恋人である凌駕に想いを寄せ始めるのを目の当たりにしてしまいます。

聡明な彼女は、年下の恋人とはいつか別れる運命であると認識しながらも、その相手が娘であることに苦しみます。

年齢というのはどうにも動かし難い存在であり、年をとることで内面を磨くことはできても、外見はどうしても若さに勝つことができない、とワタシは思うのです。

なので、もしワタシに年下の恋人が出来るようなことがあったとしても、年上であることが引け目となり、正直な想いをぶつけることなど、ぜーったいに出来ないような気がします。

万里もそうなのです。

女性が年上のカップルがもてはやされるようになってきましたが、やはり、当の本人にとっては、年上であることは引け目でしか無いと思います…。



『ラ・ブランシェット』は、おいしいケーキが食べられるカフェとして描かれています。

コーヒーだけでも癒されるワタシですが、そこにおいしいケーキが加わると、よりいっそうシアワセな気分になれるので、『ラ・ブランシェット』に行ってみたいですね。

若かりし頃は、ブラックでコーヒーを飲めるようになったらオトナだな、と思っていました。

しかし、念願のオトナになって(?)、砂糖もミルクも入れないコーヒーしか飲まなくなると、事情が少し違ってきました。

『スタバ』のようなカフェに行ったときに、舌をかみそうな名前の飲み物を楽しめないのです。

甘い飲み物があまり好きではないワタシは、コーヒーはキャラメルや生クリームが入ったものよりブラックのほうがしっくりくるのです。

しかし、舌をかみそうな名前のコーヒーを楽しめない理由はそれだけではないのかもしれません。

「ャ」や「ョ」や「ー」を多用した名前は、メニューを見ながらでも、店員さんに正しく注文することが難しいのです。

かつて、小バカにしていた「パーティー」を「パーチー」と発音する大人に近づいてきたということでしょうか…?


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR