FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木もれ陽の街で/諸田玲子

3か月もお休みしてしまいました。申し訳ありません。

とはいっても、本を読んでいなかったわけではなく、ブログを書く余裕が無かっただけなのですが。

今回3か月ぶりにパソコンに向かう気になったのは、本書のおもしろさをみなさまにお伝えしたくて。

全く期待することなく手に取った本だったはずなのに、ワタシをぐいぐい引っ張ってくれました。

木もれ陽の街で木もれ陽の街で
(2006/04)
諸田 玲子

商品詳細を見る


太平洋戦争の傷がようやく癒え始めた、戦後の東京の住宅街が舞台となっています。

主人公の公子は、会社員の父と専業主婦の母、そして妹、弟たちと東京荻窪に暮らす、結婚適齢期の女性です。

父の勧めもあり、公子は女学校卒業後、看護学校に学び、丸の内の大手企業に看護師として勤務しています。

幼馴染の祥子が代議士の息子との婚約が整ったり、叔母から縁談を持ちこまれたりしながらも、まだ結婚というものを身近に感じられなかった公子でしたが、恩師の家での集まりの折に、恩師の甥で、売れない画家の片岡に出会ったことで、戸惑いながらも彼にひかれていきます…。




筆者の諸田玲子さんは主に時代劇を執筆されていて、ワタシの好きな作家のひとりです。

ですが、今から60年近く前のこととはいえ、時代劇とは呼べない作品なので、あまり期待はできないかも、と思いながらもページをめくりましたが、いえいえ、おもしろかったのです。

本書に一貫して流れているのは、古き良き時代の中流家庭の空気です。

威厳を持ちながらも理解のある父、夫を立て常に家族のために尽力している穏やかな母、そして仲の良いきょうだいたち。

まさに、理想とする家庭が描かれているのです。

しかし、公子はそんな家庭にそぐわない、危険な香りのする男性 片岡に心惹かれてしまいます。

男女が肩を並べて歩くことさえはばかれる時代に…。




本書は、恋愛小説にカテゴリーされるものではなく、市井に暮らす人々の姿が淡々と描かれていて、それに公子の恋愛が色を添えているだけのように読めました。

恋愛というのは、ドラマや小説の世界では大きな位置を占めていますが、現実には恋愛のことしか考えていない人などほとんどいないのではないでしょうか。

胸の内には熱い想いを秘めていても、日々の生活の中ではそんなことなどまるで無いようにふるまっているのが普通の人なのだと思います。

だからこそ、平凡な日常を送りながらも、御し難い恋心を持てあましている公子の姿が切なく感じられるのです。

しかし、結末はあまりにも意外なものでした。

丁寧に日常を送る公子の姿とは、あまりにもかけ離れたものでした。

しかし、恋愛でつらい結果を迎えたとしても、人は当たり前の日常を送っていかなければならないのです。

人生とは、ホントにつらいです。




さてさて、本書には公子一家の近所に住む高畠夫人という、名わき役といってもいいような人物が登場しています。

常にご近所の動向を把握し、知り得た情報はすかさず他の人に伝えるという、味方にすると心強いけれど、敵に回すとコワいかも、という方なのです。

このような方って、いつの時代でもどこにでもいますよね?

実際に、私の周囲にもおられます。

このような方にうまく立ち回るには、もたらして下さる情報はありがたく享受し、自分自身のことは全く話さない、ということでしょうか。

しかし、簡単そうに見えて、意外と難しいのです、これが。

なぜなら、このような方は誘導尋問がお上手なのです。

しまった!と思ったときには、もう遅いのです…。


おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。