FC2ブログ

今夜は心だけ抱いて/唯川恵

何かのきっかけで身体が入れ替わってしまった2人が主人公になる小説って、よく見かけませんか。

約30年前の大林宣彦監督の「転校生(主演は10代の小林聡美です)」では、高校生の男女が入れ替わり、東野圭吾原作の「秘密(広末涼子主演で映画化されました)」では、母と娘が入れ替わりますが、いずれも秀作でした。

本書も母と娘が入れ替わりますが、やっぱり秀作でした。


今夜は心だけ抱いて今夜は心だけ抱いて
(2006/03)
唯川 恵

商品詳細を見る


売れない小説の翻訳を細々としている柊子のもとに、離婚して12年間音信不通だった元夫の亮介から連絡が入ります。

柊子と離婚後、娘 美羽を引き取って再婚した亮介の用件は、海外赴任が決まったため、高校卒業までの半年間日本に残す美羽を預かってほしいというものでした。

家庭と仕事の両立が上手く出来なかった柊子は、離婚時に美羽が姑と一緒に暮らすことをのぞんだため、彼女を引き取れなかったという辛い過去がありました。

そして、美羽も母親らしいことを何もしてくれなかった柊子を憎んだまま成長していたのでした。

何とか2人の同居話をまとめようと、亮介は柊子、美羽と離婚後初めて親子3人で食事をするのですが、その時に突然のアクシデントが起こり、柊子と美羽の身体が入れ替わってしまい…。




47歳になって初めて17歳の美羽は、47歳にもその年なりの楽しみがあることを知ります。

そういえば、ワタシも17歳の頃は47歳の女性なんて、ただのおばさんでしかなく(美羽もそう言っています)、おばさんの生活など全く興味がありませんでした。

いつか、その年齢を迎える日が来るのにも関わらず、です。

しかし、今その年齢に近くなって、40代もまんざら捨てたものでもないな、と思います。

17歳と47歳、どちらがいいか?と聞かれても、即答はできませんから。

けれども、美羽のように17歳から47歳にいきなりとんでしまい、女性としての充実期である30年間が空白になるのはかなり辛いことだと思います。

筆者もそこに目を向けて、ストーリーを展開しています。



17歳と47歳を比べると、17歳の美容が美しさを追求するのに対して、47歳のそれは若さを追い求めているのがわかります。

確かにそうですね。

ワタシもここ最近、試着のポイントが「似合っているか」より「老けて見えないか」にかわってきましたから。

そして、もう一歩進むと、他の人と比べて若く見えるかどうか、なんてことを気にかけたりし始めるんですね。

先日、高校生の息子に「お母さんって、35歳に見えると思わない?(実年齢は40代)」と聞いてみたところ、「見えない!」と即答されてしまいました。

ちょっとムカついたので、「お母さんより老けてる35歳の人っていると思うけど」と抗議してみたところ、「お母さんと比べるかどうかは別にして、そういう人って、35歳としては老けてるはずだから、そういう人に勝ってうれしい?」と言われてしまいました。

あまりにも論理的な我が息子の説明に、キレるのも忘れて、ただただ納得してしまったのでした…。

おもしろいと思って下さった方クリックお願いします。ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keishomom

Author:keishomom
お引っ越ししてまいりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR